商品検索

ご希望条件を絞り込んでお探しください

陶磁器古書画細工物武具類古民芸仏教関係現代物故作家茶道具アンティーク中国・チベット・海外他レプリカ・現代物書籍
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
購入前にお読みください
rss atom

ホーム 現代物故作家 工芸家


  いらっしゃいませ!
  クーリングオフ期間も設けておりますので、
  どうぞご安心してショッピングをお楽しみください。
  お気軽にお電話ください。
  火曜日定休以外対応しております。(午前10時〜午後5時) 電話080-7933-1122


  購入前にお読みください
   >ご注文から購入までの流れ >商品を返品する場合 >ご購入に関してのお願い


北大路魯山人 絵志野雪笹小皿



・ コメント
サイズ:皿本体の大きさ 横12.5cm×縦11.5cm
額縁の大きさ 一辺37.8cm×奥行4cm
銘有無:裏面に"魯"の銘有り
箱有無:箱無し
傷の有無:ひっつき有り


美食家としても有名な北大路魯山人作の小皿です。
額装されていますが、これは前の所有者が用意した特注の額縁で、そのまま壁に飾って頂けます。裏側の銘が見えるように穴が空いており、額縁から取り出すことなく銘を見ることが出来ます。
また、『世田谷美術館所蔵ー塩田コレクション 北大路魯山人展』(印象社)という書籍の70頁に、この品物と同様のデザインの小皿が掲載されています。




略歴
1883(明治16年)ー1959年(昭和34年) 京都府出身 本名は北大路房次郎
画家・篆刻家・陶芸家・書道家・漆芸家・料理家・美食家など様々な顔を持つ芸術家

幼少期は複雑な家庭環境で育った一方で、10代半ば頃に書の才能を開花させました。その後、様々な縁により多くの書家や芸術家、資産家などと知り合います。
1921年に会員制食堂「美食倶楽部」、さらに1925年には「星岡茶寮」を発足し、自ら料理を振る舞う一方で、使用する食器も自ら創作するようになりました。
「食器は料理のきもの」という有名な言葉を残していますが、魯山人の料理と食器へのこだわりは並大抵のものではなかったと思われます。
・ 型番
12572
・ 販売価格

195,000円(内税)

・ 購入数