商品検索

ご希望条件を絞り込んでお探しください

陶磁器古書画細工物武具類古民芸仏教関係現代物故作家茶道具アンティーク中国・チベット・海外他レプリカ・現代物書籍
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
購入前にお読みください
rss atom

ホーム 陶磁器・焼き物


  いらっしゃいませ!
  クーリングオフ期間も設けておりますので、
  どうぞご安心してショッピングをお楽しみください。
  お気軽にお電話ください。
  火曜日定休以外対応しております。(午前10時〜午後5時) 電話027-353-6871


  購入前にお読みください
   >ご注文から購入までの流れ >商品を返品する場合 >ご購入に関してのお願い


柿右衛門色絵双鹿紅葉文輪花鉢



・ コメント
サイズ:口径13 高台径6 高さ4.5cm
    
時 代:江戸時代
銘有無:無し
箱有無:無し
傷有無:そげあり(3カ所)


紅葉が舞い散る中、伸びやかで優雅な鹿が描かれた輪花鉢です。
口縁部がゆるやかに反った形は、開きかけた花のようでもあります。
鹿は古代より神の使いとされ、神格化されるようになり、鹿文様は延命長寿の象徴として、古くから吉祥文として用いられるようになりました。
古今和歌集にある「奥山に 紅葉踏みわけ 鳴く鹿の 声聞く時ぞ 秋は悲しき」という歌を元に、
紅葉と組み合わせて秋を代表する文様としてもあしらわれます。
こちらのお品物に描かれた鹿は、仲睦まじく見つめ合うように美しい紅葉の中を駆け抜けているようです。


ご不明な点などがございましたら、お気軽に骨董舎までお問い合わせください。
骨董舎直通TEL:090-2660-8011
・ 型番
12627
・ 販売価格

95,000円(内税)

・ 購入数