商品検索

ご希望条件を絞り込んでお探しください

陶磁器古書画細工物武具類古民芸仏教関係現代物故作家茶道具アンティーク中国・チベット・海外他レプリカ・現代物書籍
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
購入前にお読みください
rss atom

ホーム 陶磁器・焼き物 伊万里


  いらっしゃいませ!
  クーリングオフ期間も設けておりますので、
  どうぞご安心してショッピングをお楽しみください。
  お気軽にお電話ください。
  火曜日定休以外対応しております。(午前10時〜午後5時) 電話080-7933-1122


  購入前にお読みください
   >ご注文から購入までの流れ >商品を返品する場合 >ご購入に関してのお願い


藍柿右衛門海松貝図五寸皿



・ コメント
サイズ:口径15 高さ4 底径9cm  
時 代:江戸時代
銘有無:裏に金銘有り
箱有無:無し
傷有無:無し


裏に金銘が入った藍柿右衛門の五寸皿です。  
金銘は17世紀の後半に見られる盛期時代の銘款のひとつで当時の最上手の物に見られます。
口縁の口紅と文様そして裏側と、それぞれが丁寧でとても美しい仕上がりです。
見込みには二重染付線で囲まれた海松貝図が描かれています。
貝に海藻の海松(ミル)を添えた文様を「海松貝(みるがい)文様」と呼びます。
ミルは宮中祭祀の新嘗祭にも奉納される松葉のように末広がりの形をした海藻で、平安装束の文様にも用いられました。「海の松」ということから新年やお祝いの時などにも使われます。

蛤の背景の一部にほんのりと見られる呉須の繊細な濃淡は、波がかすかに舞い上げた砂煙のようでもあり、また厄除けや魔除けの象徴である蛤が気を吐く様子とも思えます。

新年やおめでたいお席などで飾っていただくのにも最適かと思います。




ご不明な点などがございましたら、お気軽に骨董舎までお問い合わせください。
骨董舎直通TEL:090-2660-8011
・ 型番
12631
・ 販売価格

80,000円(内税)

・ 購入数