商品検索

ご希望条件を絞り込んでお探しください

陶磁器古書画細工物武具類古民芸仏教関係現代物故作家茶道具アンティーク中国・チベット・海外他レプリカ・現代物書籍
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
購入前にお読みください
rss atom

ホーム 陶磁器・焼き物


  いらっしゃいませ!
  クーリングオフ期間も設けておりますので、
  どうぞご安心してショッピングをお楽しみください。
  お気軽にお電話ください。
  火曜日定休以外対応しております。(午前10時〜午後5時) 電話090-2660-8011


  購入前にお読みください
   >ご注文から購入までの流れ >商品を返品する場合 >ご購入に関してのお願い


薩摩金襴手人物図花瓶一対



・ コメント
サイズ:口径6.6 最大径13 底径11.3 高さ31.5cm  
時 代:明治
銘有無:無し
傷有無:一方の口辺部に修復された跡があります。

薩摩焼は黒薩摩と白薩摩があり、島津義弘が慶長3年(1598)の朝鮮出兵の際に連れ帰った陶工たちによって茶道具(黒薩摩)がつくられたことから始まります。その後、領内に白土の原料が発見され、京都に色絵付を学び、白薩摩が生まれました。さらに豪華な金襴手の絵付をした白薩摩が藩専用の献上品として、また輸出品として製造されるようになります。1867年(慶応3年)島津藩が単独出品したパリ万博において、薩摩焼はその精巧さと華麗さで西洋を魅了し、世界に「SATSUMA」の名を広めました。

こちらの花瓶も柔らかな乳白色の地に緻密に彩色された蝶の羽や豪華絢爛な衣装など、美しい色合いと金彩の輝きがとても見事な薩摩焼です。



画像をフェイスブックでご紹介しています。こちらもどうぞご覧ください。
https://www.facebook.com/shushuppansha/posts/1941619236074084


ご不明な点などがございましたら、お気軽に骨董舎までお問い合わせください。
骨董舎直通TEL:090-2660-8011
・ 型番
12661
・ 販売価格

380,000円(内税)

・ 購入数