商品検索

ご希望条件を絞り込んでお探しください

陶磁器古書画細工物武具類古民芸仏教関係現代物故作家茶道具アンティーク中国・チベット・海外他レプリカ・現代物書籍
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
購入前にお読みください
rss atom

ホーム 現代物故作家 工芸家


  いらっしゃいませ!
  クーリングオフ期間も設けておりますので、
  どうぞご安心してショッピングをお楽しみください。
  お気軽にお電話ください。
  火曜日定休以外対応しております。(午前10時〜午後5時) 電話080-7933-1122


  購入前にお読みください
   >ご注文から購入までの流れ >商品を返品する場合 >ご購入に関してのお願い


藤原雄 作 備前鉢



・ コメント
サイズ:幅23.5 奥行23 高さ10cm(持ち手含まず) 
時 代:昭和時代
銘有無:窯印有り
箱有無:共箱有り
傷有無:無し

人間国宝、藤原雄による備前鉢です。
日本六古窯の一つであり、もっとも古い窯場といえる備前焼は平安末期から焼き続けられている焼き締め陶器です。
こちらの作品は、底部の緋色から上へのグラデーションと、焼き締められた胴に所々現れた艶が見事です。塗り蓋を開ければ見込みには牡丹餅が印象的に現れます。

左目は失明してまったく見えず、右目は視力0.03というハンディを負っていた藤原雄は、土から伝わる手の感覚を頼りに作品を制作し「他の人よりも長く時間がかかるからこそ、一つの作品を作るときに土からの想いが伝わってきた」といいます。
本作に所々見られる指の跡からは、その土から伝わる想いを受け止めたかのような、力強さと素朴なあたたかさが感じられます。



下記のサイトで藤原雄を初め、父である藤原啓、長男の藤原和についてご紹介されています。
こちらもどうぞご覧ください。
藤原備前三代




ご不明な点などがございましたら、お気軽に骨董舎までお問い合わせください。
骨董舎直通TEL:090-2660-8011
受付時間 10:00〜18:00 火曜定休
・ 型番
12669
・ 販売価格

0円(内税)

SOLD OUT