商品検索

ご希望条件を絞り込んでお探しください

陶磁器古書画細工物武具類古民芸仏教関係現代物故作家茶道具アンティーク中国・チベット・海外他レプリカ・現代物書籍
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
購入前にお読みください
rss atom

ホーム 現代物故作家 工芸家


  いらっしゃいませ!
  クーリングオフ期間も設けておりますので、
  どうぞご安心してショッピングをお楽しみください。
  お気軽にお電話ください。
  火曜日定休以外対応しております。(午前10時〜午後5時) 電話080-7933-1122


  購入前にお読みください
   >ご注文から購入までの流れ >商品を返品する場合 >ご購入に関してのお願い


十三代中里太郎右衛門 作 叩き朝鮮唐津耳付花生



・ コメント
サイズ:口径10 胴径15 高さ24cm 
時 代:平成5年
銘有無:有り
箱有無:共箱有り
傷有無:無し



中里家はおよそ420年ほど前、初代又七が佐賀県伊万里に田代窯を開窯したことに始まるといわれ、幕末まで肥前国唐津藩の御用焼物師として李朝や明朝の技法を取り入れながら、献上唐津と称される作品を将軍家へ納め続けた歴史を持つ名窯です。

本作は13代目中里太郎右衛門による花生です。
叩きと呼ばれる技法は、紐状の粘土を轆轤の上に積み上げ、継ぎ目をならし、中にあて木をあて外側から板で叩き締めて形作る、古唐津の成形に用いた技法で、18世紀以降途絶えていたこの技法を父であり重要無形文化財保持者に認定された12代と共に再興させた技法です。

叩き締められた土の柔らかな色の上に、釉薬がダイナミックに流れ落ちながら、混ざり、滲みあう、とても美しい姿を見せている作品です。


画像をフェイスブックでご紹介しております。あわせてご参照くださいませ。
集出版社フェイスブックページ

お問い合わせやご注文はお電話やメールでも承っております。
お気軽にお問い合わせください。
mail : shu@shunet.co.jp
骨董舎直通TEL:090-2660-8011
受付時間 10:00〜18:00 火曜定休
・ 型番
12686k
・ 販売価格

150,000円(内税)

・ 購入数