ショッピングカートを見る
オススメ商品
売れ筋商品
商品検索

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
ショップ紹介
当社のご案内
古美術・骨董の集ネットは、「確かな古美術・骨董品をより安く」をモットーに、集出版社が運営するネットショッピングのページです。 陶磁器・掛軸・絵画・蒔絵・漆器など古美術・骨董・茶道具類をはじめ、甲冑・鐔などの武具類、仏像・仏具などの仏教美術、和箪笥・飾り棚などの調度類、印籠・煙草入・根付などの細工物、電笠・氷コップなどのガラス製品、西洋アンティーク、明治・大正・昭和のレトロな品物まで、様々な時代・ジャンルの商品を幅広く豊富に扱っております。古美術・骨董品のみならず、近現代作家による陶芸作品や絵画・彫刻なども取り揃えております。長年に渡り古美術名品『集』を発行している集出版社のネットショッピングですから、どうぞご安心してご利用ください。商品は休日以外、毎日更新しております。
rss atom
唐獅子牡丹図鐔
サイズ:直径8.5 厚さ0.5cm 
時 代:江戸時代
銘有無:無し
箱有無:無し
傷有無:経年による錆がみられます。


百獣の王である唐獅子と百花の王である牡丹は組合せの良い図として古くから用いられています。

百獣の王と呼ばれる唐獅子にも 一つだけ恐れているものが、唐獅子の渦巻く毛の中で増殖し、皮膚を突き破りその肉をついばみ骨まで噛み砕くという虫です。
この虫は牡丹の花から落ちる夜露にあたると死んでしまうため、 唐獅子は夜になると牡丹の花の下に身を寄せるといわれます。

唐獅子にとっての心休まる安住の地が牡丹の花の下と言う事から、この組み合わせは仏教の法話にもあり、あなたのよりどころは何ですか?あなたが安心して身を寄せられる安住の地はどこにありますか?という意味を含むそうです。

こちらの鐔は七宝の付いた紐を口にし勇ましく向か合う唐獅子が象られ、中茎穴の責金には小さな菊の印が見られます。
裏面には牡丹が花開き、蕊の上には夜露が光っています。
唐獅子と牡丹の動と静の意匠が美しいお品物です。

その他の画像をフェイスブックでご紹介しています。
こちらもあわせてご覧くださいませ。
集出版社Facebookページへ



ご注文やお品物についてのご質問など、お電話やメールでも承っております。
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

mail : shu@shunet.co.jp
骨董会館直通: 080-7933-1122
受付時間 10:00〜18:00 火曜定休

下記サイトでも商品や各店舗のご紹介をしております。
よろしければご覧になってください。
Facebook 
Instagram
YouTube 

If you have any question, please feel free to e-mail us.
shu@shunet.co.jp

 他

・ 型番
12714k
・ 販売価格

100,000円(内税)

・ 購入数