商品検索 / Search

ご希望条件を絞り込んでお探しください
choose the category ↓↓

陶磁器古書画細工物武具類古民芸仏教関係現代物故作家茶道具アンティーク中国・チベット・海外他レプリカ・現代物書籍
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
Recommended items
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
購入前にお読みください
Please read before buying
rss atom

ホーム / Homepage 細工物 / Netsuke 置物 / Ornament


いらっしゃいませ!
  クーリングオフ期間も設けておりますので、
  どうぞご安心してショッピングをお楽しみください。
  お気軽にお電話ください。
  火曜日定休以外対応しております。(午前10時〜午後5時) 電話080-7933-1122


  購入前にお読みください
   >ご注文から購入までの流れ >商品を返品する場合 >ご購入に関してのお願い


Welcome to our website!
If you need more information or you have any questions,
please feel free to e-mail us.
shu@shunet.co.jp


PLEASE READ BEFORE SHOPPING
>Steps for buying
 >If you'd like to return >When you decided to buy


芝山細工 象の床飾り 【Elephant ornament for Tokonoma, inlaid SHIBAYAMA-style】



・ コメント
サイズ:幅14.3 奥行き9 高さ34(水晶を外した状態は28)cm 
水晶直径 6.5cm
時 代:19世紀
銘有無:無し
箱有無:有り
傷有無:象の首から前足にかけて10cm程の罅、敷物と体の境界部に罅があります。


長い鼻で水晶玉を高々と持ち上げる象の姿が印象的な芝山象嵌の床飾りです。

身につけた装飾には象牙、貝殻、珊瑚、玉などが鏤められています。
背中には青海波文様と唐草文様が彫られた敷物が置かれ、珊瑚玉が付けられています。
幕のように垂らした両側の敷物には水辺に舞う蝶と葵の葉のような図、たっぷりとした房飾りは貝で表現されています。

細やかに象嵌された一つ一つの装飾が煌びやかで大変美しい作品です。


芝山象嵌は、江戸時代後期に始まり、漆や象牙、木彫などの地に貝、珊瑚、象牙、べっ甲などを立体的に嵌め込み、花鳥や人物などを華やかに表現した装飾技法です。

将軍家や大名家、富裕な商人の間で調度品として人気を博し、慶応2年のパリ万博で日本の文化や工芸品が紹介されるとヨーロッパはジャポニズムブームに沸き立ちます。
なかでも芝山象嵌は『東洋のモザイク』と呼ばれ、その超絶技巧と華やかな美しさで世界中の人々を魅了しました。



ご注文やお品物についてのご質問など、お電話やメールでも承っております。
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。
mail : shu@shunet.co.jp
骨董会館直通TEL:080-7933-1122
受付時間 10:00〜18:00 火曜定休

下記サイトでも商品や各店舗のご紹介をしております。
よろしければご覧になってください。
Facebook 
Instagram
YouTube
 



 【Details】
Size: 14.3cm(W)*34cm(H)(28cm without a crystal ball)*9cm(L)
6.5cm(crystal ball φ)
Age: 19 century
With a box
Cracks are running from the neck to the forefoot(10cm) and between a rug and body(5cm)



【Description】
The ornament for alcove(tokonoma) made with the inlaid SHIBAYAMA-technique.
This technique is started in the later Edo period. It mainly expresses portraits and landscape sterically on the lacquerware, ivory and wood carving using cells, coral, ivory, tortoiseshell and so on.
These works so popular as furnishings among the shogunate family, the Daimyo family and wealthy merchant. When Japanese culture and folk crafts were exhibited in Paris exposition in 1867, European countries were affected strongly by Japonism.
Especially SHIBAYAMA-inlaying has captured the hearts of people all over the world with it’s technique and beauty.

Accessaries this elephant wearing are inlaid ivory, shells, corals and more.
The carpet with arabesque and wave patterns is laid out on his back and coral ball is put on it.
Butterflies and leaves are depicted on a rug like a curtain on his side, and the tassels are expressed with shells.
Every decorations are inlaid finely one by one, and all of it are gorgeous and beautiful.




If you have any questions, please feel free to e-mail us.
shu@shunet.co.jp
 他
・ 型番
12753
・ 販売価格

1,500,000円(内税)

・ 購入数