商品検索 / Search

ご希望条件を絞り込んでお探しください
choose the category ↓↓

陶磁器古書画細工物武具類古民芸仏教関係現代物故作家茶道具アンティーク中国・チベット・海外他レプリカ・現代物書籍
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
Recommended items
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
購入前にお読みください
Please read before buying
rss atom

ホーム / Homepage 細工物 / Netsuke 置物 / Ornament


いらっしゃいませ!
  クーリングオフ期間も設けておりますので、
  どうぞご安心してショッピングをお楽しみください。
  お気軽にお電話ください。
  火曜日定休以外対応しております。(午前10時〜午後5時) 電話080-7933-1122


  購入前にお読みください
   >ご注文から購入までの流れ >商品を返品する場合 >ご購入に関してのお願い


Welcome to our website!
If you need more information or you have any questions,
please feel free to e-mail us.
shu@shunet.co.jp


PLEASE READ BEFORE SHOPPING
>Steps for buying
 >If you'd like to return >When you decided to buy


平家物語 平忠盛



・ コメント
サイズ:高さ42(台含む) 幅29 奥行き13cm
台 高さ4.3 幅33.6 奥行き19cm
時 代:江戸時代末期
銘有無:無し
箱有無:有り
傷有無:台の菊模様が数箇所剥がれています。

「平家物語 巻第六」、「祇園女御」に登場する一場面です。

平家物語には、このような話があります。
白河院には祇園女御という側室がおり、ある雨の降る夜、院が祇園女御のいる祇園社の境内を通ると、青白く光るものが見え、院は鬼か妖怪かと恐れ、御供の忠盛に即座に斬るように命じました。
ところが、忠盛がその話を鵜呑みにせずに生け捕りをすると、その正体は社の灯籠の灯に油を注いで歩く承仕法師(油坊主)でした。
灯籠の灯がこの法師の被っていた笠に映え、青白く光って見えたというだけのことでした。
その後、院は忠盛のその冷静かつ勇敢な振る舞いを褒め称え、褒美に祇園女御を下賜されたという事です。


江戸末期に仏師が製作したとされており、人物の表情、衣服の質感、台の菊模様に至るまで精密な細工が施されています。
油坊主を捕らえる忠盛の表情からは勇猛さが溢れ出ており、作品全体からも力強さを感じます。


ご注文やお品物についてのご質問など、お電話やメールでも承っております。
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。
mail : shu@shunet.co.jp
骨董会館直通TEL:080-7933-1122
受付時間 10:00〜18:00 火曜定休

下記サイトでも商品や各店舗のご紹介をしております。
よろしければご覧になってください。
Facebook 
Instagram
YouTube 

If you have any questions, please feel free to e-mail us.
shu@shunet.co.jp
・ 型番
12756
・ 販売価格

650,000円(内税)

・ 購入数