ショッピングカートを見る
オススメ商品
売れ筋商品
商品検索

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
ショップ紹介
当社のご案内
古美術・骨董の集ネットは、「確かな古美術・骨董品をより安く」をモットーに、集出版社が運営するネットショッピングのページです。 陶磁器・掛軸・絵画・蒔絵・漆器など古美術・骨董・茶道具類をはじめ、甲冑・鐔などの武具類、仏像・仏具などの仏教美術、和箪笥・飾り棚などの調度類、印籠・煙草入・根付などの細工物、電笠・氷コップなどのガラス製品、西洋アンティーク、明治・大正・昭和のレトロな品物まで、様々な時代・ジャンルの商品を幅広く豊富に扱っております。古美術・骨董品のみならず、近現代作家による陶芸作品や絵画・彫刻なども取り揃えております。長年に渡り古美術名品『集』を発行している集出版社のネットショッピングですから、どうぞご安心してご利用ください。商品は休日以外、毎日更新しております。
rss atom
平家物語 平忠盛
サイズ:高さ42(台含む) 幅29 奥行き13cm
台 高さ4.3 幅33.6 奥行き19cm
時 代:江戸時代末期
銘有無:無し
箱有無:有り
傷有無:台の菊模様が数箇所剥がれています。

「平家物語 巻第六」、「祇園女御」に登場する一場面です。

平家物語には、このような話があります。
白河院には祇園女御という側室がおり、ある雨の降る夜、院が祇園女御のいる祇園社の境内を通ると、青白く光るものが見え、院は鬼か妖怪かと恐れ、御供の忠盛に即座に斬るように命じました。
ところが、忠盛がその話を鵜呑みにせずに生け捕りをすると、その正体は社の灯籠の灯に油を注いで歩く承仕法師(油坊主)でした。
灯籠の灯がこの法師の被っていた笠に映え、青白く光って見えたというだけのことでした。
その後、院は忠盛のその冷静かつ勇敢な振る舞いを褒め称え、褒美に祇園女御を下賜されたという事です。


江戸末期に仏師が製作したとされており、人物の表情、衣服の質感、台の菊模様に至るまで精密な細工が施されています。
油坊主を捕らえる忠盛の表情からは勇猛さが溢れ出ており、作品全体からも力強さを感じます。


ご注文やお品物についてのご質問など、お電話やメールでも承っております。
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。
mail : shu@shunet.co.jp
骨董会館直通TEL:080-7933-1122
受付時間 10:00〜18:00 火曜定休

下記サイトでも商品や各店舗のご紹介をしております。
よろしければご覧になってください。
Facebook 
Instagram
YouTube 

If you have any questions, please feel free to e-mail us.
shu@shunet.co.jp

・ 型番
12756
・ 販売価格

650,000円(内税)

・ 購入数