商品検索

ご希望条件を絞り込んでお探しください

陶磁器古書画細工物武具類古民芸仏教関係現代物故作家茶道具アンティーク中国・チベット・海外他レプリカ・現代物書籍
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
購入前にお読みください
rss atom

ホーム 古書画 版画


  いらっしゃいませ!
  クーリングオフ期間も設けておりますので、
  どうぞご安心してショッピングをお楽しみください。
  お気軽にお電話ください。
  火曜日定休以外対応しております。(午前10時〜午後5時) 電話080-7933-1122


  購入前にお読みください
   >ご注文から購入までの流れ >商品を返品する場合 >ご購入に関してのお願い


錦絵 古今珎物集覧 元昌平坂聖堂ニ於て 一曜斎国輝 写図(3枚組・額装)



・ コメント
3枚繋いだサイズ:縦35×横70cm
時 代:明治5年(1872)

湯島聖堂で開催された古今の珍品を集めた展覧会の模様を描く3枚1組の錦絵
です。正面手前には桶に入れた山椒魚、中央には大きな金の鯱、その奥には絵画・書跡・珊瑚・金工品、右側には剝製・骨格標本・額画、左側には染色品・漆器・刀剣・甲冑・陶磁器・楽器などが所狭しと陳列されています。左側の上から2段目には、群馬県にちなんだ「鐙 沼田 上野 光延 作」の文字が見られます。稀少品です。

This is three pieces of color woodblock prints on which Ichiyosai Kuniteru drew the display of the exhibition held for the first time in Japan in 1872.

一曜斎国輝(二代目歌川国輝・1830〜1874)は、江戸末期から明治にかけて活躍した浮世絵師。天保年間末から役者絵などを発表し、慶應元年(1865)には「末広五十三次」の制作に参加、慶應3年(1867)にパリ万国博覧会に出品された絹本着色「浮世絵画帳」の制作にも携わりました。明治時代になると、「東京十二景」「東京名所図絵」「東京名勝」など風景画の開花絵で知られました。先日、世界遺産登録された富岡製糸場を描いた「上州富岡製糸場之図」も二代目歌川国輝の作品です。

実際に、明治5年(1872)3月10日から20日間の予定で、湯島聖堂大成殿を会場として、文部省博物局による日本初の博覧会が開かれました。陳列品は、御物をはじめとする古器旧物(文化財)と剝製・標本など天産物を中心に600件余りを数え、大規模な展覧会だったようです。特に大成殿中庭のガラスケースに入れられた名古屋の金鯱は来場者の注目を集め、博覧会人気に拍車がかかり、当局は会期を4月末まで延長したといいます。来場者総数15万人、1日平均約3,000人もの人々がこの博覧会に足を運びました。

東京国立博物館はこの政府による日本初の博覧会の開催をもって、創立・開館の時としているとのことです。

3枚を合成した画像と「鐙 沼田 上野 光延 作」のアップの画像をブログに掲載しましたので、こちらもどうぞご覧ください。
Please look at the other images on our blog.

http://blogs.yahoo.co.jp/shu_shuppan/16005243.html

古好屋No.
・ 型番
12285
・ 販売価格

80,000円(内税)

・ 購入数